かむかむKOMCO緩衝材・保温材成型部門精密部材成型部門断熱材・造形材部門会社ごよみ と お問い合わせ会社概要トップページ
    かむかむKOMCO  ブログ&モノローグ

   

2008.12.26・・・桑原邦夫
★ 天皇陛下がストレス性消化器障害のため公務を制限される旨の報道がありました。11月の某祝典で前から10列目程の正面で肉声を拝聴している際に、いつもと同じ原稿をいつもと同じに読まれているにも拘らず妙に生々しく「ヒト」を感じたことを思い出しました。能生の白山神社で選ばれた子供が一日かけて正しく神に変貌するのを実見すると判りますがヒトが神なのです。北アフリカの別々の場所で生まれたアダムとイヴの末裔が三群に別れ地球上に展開する過程でそのうちの一群がネパール・モンゴル経由で我が縄文人に直結したと言う最近の某学者の説が脳裏を掠めます。日本人以外の殆どが理解に苦しむ文字言語を持たない上に融通無碍な神道の世界を左の側頭葉上部で認識出来る私達がアインシュタインの言う役割を果たすのならばボチボチ自覚が必要な時節と思います。それにしても麻生さん、小沢さんは理解不能ですね。それともそれを選んでいる私達がおかしいのでしょうか。12.5

★ 発泡スチロール(=EPS)の日本国内での再資源化量が遂に80%の大台を超えました。我々同業134社と原料メーカーがJEPSRAというリサイクルを目的とする団体を組織し、自分自身で機器を装備し再資源化に取り組む一方で築地を始めとする全国の食材市場に資金助成し努力してきた成果です。しかもそれが再資源化拠点の減少に加え個々の拠点の処理量の減少が明確になった2008年に達成されたことに意味があります。このことは私共の実例で申し上げれば、最大の使用済みEPSの排出先であった某顧客が中国に展開した結果、中国からの日本国内への還流EPSが膨張したのを機会に自分でリサイクルを始めたことや、その後排出量トップになった某社が生産量を10倍に増やすのを契機にやはり自前で再資源化機械を購入したことに原因しています。即ち両社共EPSの包装資材としての有効性・有意性を認識し物流上欠くことの出来ない素材であるという判断の上に立って更に省資源・省エネ・リサイクルを指向されたという世の流れがあります。12.12

★ 月の見えてる側と見えない側にある無数のクレーターがどうやら衝突物に由来するものではなくアーク放電によるのではないかという話を聞きました。確かに液状物により抉られたかに見える谷にも、残る筈のない尖った突起があったり、円を点々と繋いだような構造があったりで素人眼にも不可解ではありました。それにしてもそのプラズマが輝いている瞬間に立ち会った人類がいたのでしょうか。ティコクレーターのように月の視径の1/3にも達する壮大な放電はどんな景観だったのでしょうか。12.28

★ 12.31 大晦日は23時から2時まで八幡様でお勤めをさせて頂きました。昨年よりも更に初詣客は減りました。お札や破魔矢を需める方々は若い人を中心に安定層みたいなものが見えてきたように思えます。交通安全お守りが一番人気です。皆が穏やかに新年を寿ぐという雰囲気ではありました。ただもうシンシンと身体の芯まで痛い程に寒かったのは私だけではないと思います。

★ 箱根駅伝をTV観戦しました。モグスやダニエルの走りを見ていると、日本人は自分に向き不向きのスポーツを見極める必要があると感じます。出場制限によってやっと得られるツバ競り合いやら涙の栄冠では巨費と刻苦勉励時間の無駄使いでしょう。世界市場には太刀打ち出来ないとアッサリ諦め日本国内での商売に転じたゴルファー片山晋吾のような割り切りが必要です。1.2   …と思っていたら最先端科学の分野でも政治や流行と派閥にタイミング良く乗れない場合はどんなに立派な研究成果を挙げても世界にはデビュー出来ない由でサイエンスとは人間的営為そのものであると仰る方が出てきました。そう言われてみれば脳神経学の分野の素養を売りに専ら日本市場でタレント化してTVに雑誌に出まくっている方もお見えです。1.3

★ 福沢諭吉展オープニング(国立博物館)に行かせて貰いました。先生はどうやら雨男のようで昨年11月の日吉での150周年記念式典は小氷雨、今度の上野は本降り氷雨でした。老いても尚、先を窺うようなエネルギッシュな墨痕にインパクトを受けました。ほんの少し前、手の届きそうな歴史の一頁です。1.9

posted by Komco  2008.12.26



   

2008.11.29・・・桑原邦夫
★ この辺りの風光と何千万年の旅路の果てに地球に辿り着いた恒星の光を一枚の陽画に焼き込むという努力を重ねておられる方が小諸にいます。何億年も前の光の粒子? とたった今生まれたばかりの光が同じ平面に収まるとは何とも不可解な世界です。月の裏側の夥しい痘痕は地球に向ってくる落下物の量を示しているのでしょうか。バッハやモーツァルトの音楽が数多の流行歌のように陳腐化しないで年々新たな感動を呼ぶのは何故でしょうか。そんな事を黙って考えていると再た家族から脳神経外科行きを手配されそうです。妙なもので自分でも段々認知症の陥穽が近づいてきたような気分になってくるからこれまた不思議です。11.3

★ 米国の大統領選挙が開票に入りました。今回はゴアを放逐した前回の手品が使えないでしょうから票田の狂騒がそのまま反映される可能性が強く心配です。少なくとも今迄では口の滑らっこい人で大物はおりませんでした。アメリカには一寸足りないけれど根は善良なポパイが嵌り役です、とすると日本はオリーブでしょうか。11.5朝

★ やっぱりオバマでした。TVが狂乱舞するカラード&ヒスパニック系ばかりを追いかけていたのはWASPの本音でしょう。キーマンは副大統領と国務長官になりますね。国際的には妙な野心やチョッカイ出しが跋扈しないことを希います、何しろポパイですから。11.5夜

★ 福沢諭吉が1858年に蘭学塾を開いて以来150周年ということで天皇皇后両陛下ご臨席の記念式典にお呼ばれしてきました。そこで日本が好ましい歴史のひと節を越えようとしているのか訝しく思うことがありました。祝典ですから当然のこと祝辞の連続です。先ず真っ先に何かことあるごとに拮抗し競い合っている某大学の総長が長い演説をしたのですが、S総長殿はハーフコート着用のまま登壇されました。今日は小雨模様で気温も低く司会者が繰返し「皆様、コート着用のままで…」と伝えてはおりましたが続いて登壇した延世大学、その次の上海大学の学長さんがキチンと黒の礼装に身を固めていたこと、更に続いたケンブリッジ大学とハーヴァード大学が制式のプロフェッサーローブを着用して礼を尽くしていたのを見ればやはり異様です。因みに天皇陛下は私達がTVで何十年も見慣れている紺のダブルをお召しでした。11.8

★ 今年の社員親睦旅行は雪の飛騨白川郷と金沢でした。例年のように社員家族、旧社員や友人の参加があり賑やかでした。11.25

posted by Komco  2008.11.29



   

2008.10.30・・・桑原邦夫
★ じトッと雨が降ってカラッと2日間の爽やかな晴れ、これが地元産松茸にありつく最低条件と聞いておりますが中々そんな天気にならない程今秋はよく降ります。今夜は姿はとも角としても地元産に限ると言う条件での松茸試食会です。さてどうなりますか。10.5 ⇒ 結果報告…親指大から足の裏大までバラエティに富んだ食材でした。香りが昔ほど感激的でない印象でしたが、韓国産やカナダ産のように消毒薬の心配をしないで満腹しました。来年からは遂に新潟で成功した養殖モノが大量に出回るとの噂が出ました。

★ 会社の入口の踏み石で中卒位の縞蛇が蜥蜴を絞めて飲み込んでいました。両方共とうの昔に絶えたと諦めていた我社の仲間なので、ドッコイ生き永らえていた生命力に先ず乾杯。特に蜥蜴は毎年子供を産んでは家系を連いでいたのに一昨年以来プッツリ姿を見なくなって気にしておりました。10.6

★ 松本市奈川の小中学校に天井材を納めさせて頂きました。松本市と聞きすぐ近所の積りでおりましたが行ってみてビックリしました。もうじき黒部ダムかと思うほどの山奥の桃源郷で生徒さんは下宿でもしない限りは学業は困難だったでしょう。今年の冬のニコニコ顔が見えるようです。建築事務所の所長さんがこんな所なので工事現場から出るゴミの始末にとても気を使うと言われていたのが印象に残りました。10.12

★ 元気溌剌の見本みたいだったアスリートKH君が疾風のように他界して脳幹の喜怒哀楽域にブロックスイッチが入った模様なのでMRA&Iの検査を受けました。さながらフリージャズを聞きながらカシオペア座付近を遊泳するの感じの20分でした。10.14

★ ずっと待望していた月の裏側の鮮明な写真にS.ホーキングの最新著作の中でやっと回り逢いました。その瞬間のおぞましい打ちのめされたような感じは最近では稀なものです。将しく正体見たり…の姿で「お岩さん」の原作者はこのことを知悉していたのではないかと思います。世界中の人類が愛でている月の裏側があの恐怖的な醜さならばNASAが1972年に入手した情報でありながらあまり積極的に広宣しないのも当り前です。それにしても人類で初めて月を周回した飛行士はその時平常心を維持出来たのでしょうか。どうも裏側半球は完全な円球ではないようにも見えますが…。10.24

★ WBC監督に巨人原が決まりました。ケガしても傷付かない人かナ…と思っていましたがこれも運でしょう。北京ではまるでバッティングピーとしか思えない岩瀬を性懲りも無く使って負けた日本プロ野球の実力では頼りは運だけですね。星野仙一氏も北ノ海になってきました、本来なら二十年位は野球界から関わりを絶って当然です。10.28

posted by Komco  2008.10.30



   

2008.10.1・・・桑原邦夫
★ 環境とか地球温暖化とかメディアが大好きな話題について、何か一抹の人為的欺瞞を感じておりましたし、元大統領候補のゴア氏が妙に練達の只の演説屋に成り下がっていくのを見て彼の意志を無理矢理でも駆除した米国の一部の良識は結局は正しかったと思うこの頃です。そんな折C大学のT教授の簡にして明に言い尽くされた論文のコピーが回ってきました。曰く現今の環境論議はさながら火葬場のデータ積算のみによって人口減少を論じているようなもので、それを喝破できない大多数の日本国民について次のように結んでおられます。『高校全入、大学進学率50%の日本に、この程度の因果関係が理解出来ない社会が構成されるには何かの理由が必要のように思われる』。怖いですね、利口である必要はありませんが普通ではありたいと思います。9.1

★ 9.11が近づいてきて上海、印度、露西亜で大幅な株下落と知らされました。空論オバマと華なしマケインのTV露出の時間も多くなってきました。あまりに大がかりで複雑な9.11事件がビンラディン一個人の頭脳から捻り出されたとはとても思えませんが、少なくともその一週間前から貿易センターのツインビル消滅を知っていたパキスタン人の子供が一人はいたのですからかなりの周知の事実だったのでしょう。真実は永遠に表に出ないか…、と思っていたら昨夜は福田首相の辞任劇でした。これでまた税金を盛大に乱費して民主主義ゴッコです。自民党内での選任は得られても国民の信任は到底得られないと判断できる位の頭脳はあるんですね。選挙から秒で逆算したのでしょうが簡単に職責を放り出す総理が二人続き、何が起きても「長」の椅子にしがみつく北ノ湖がいて日本が究極の無恥・無節操国家であり続けるのは何かの理由なんでしょうね。9.3

★ 私共のEPS業界の長野県というテリトリーで注目すべき事業統合がありました。最大が次の大を飲み込んだのですが、生産拠点はこれにより1ヶ所減り全体としての市場縮小傾向とは合致する動きです。今後はより集中的なマーケット対応になると思われますので意味もなく泥田を掻き回すの感であった今迄とは異なる局面が現れるかも知れません。少なく共そこに関わる人達を奮い立たせたことだけは間違いありません。9.4

★ 片倉シルク王国を築き上げた片倉兼太郎翁の事蹟を伺う機会に恵まれました。一時は日本国の国税収入の20%を賄ったとも言われる巨大企業が「女工哀史」に便乗した搾取の上に構築されたと教えられそのまま信じておりましたがどうやら正鵠を得ていなかったようです。そう言われれば「哀史」が殊更にメディアに取り上げられるようになったのも戦後の昭和末期と聞いております。ここにもまた何かの理由があるようです。日本人を常に自己否定的で自虐的な民族にしておくと都合がいいのは何処の誰でしょうか。日本人の自立が恐れられているようです。9.8

posted by Komco  2008.10.02



   

2008.9.1・・・桑原邦夫
★ 1338年暦応元年、足利尊氏が征夷大将軍になって以降そのマネジメント能力の低さの故に、日本国中が土一揆の乱れ打ちとなり、結局は信長・秀吉・家康の登場を待つまでほぼ一世紀半、日本国内は騒乱と混迷の時代になったようですが、この150年ほどの間は政治経営の切り口以外にも歴史を覗くと色んなキーワードが羅列しており、現在の自民長期政権下の我々の日常と何か一脈通ずるものを感じるのは偶然でしょうか。曰く、近畿地震・旱魃疫病・阿蘇噴火・会津地震・那須温泉湧出・飢饉悪病・彗星出現・山城地震・浅間噴火・関東飢饉・大島噴火・関東地震・諸国洪水・畿内地震・皆既日食・宗教集団武闘抗争etcです。このように明るいとは決して言えない世情の中で浄土真宗の蓮如上人により人為的に若狭の地に作られた吉崎御坊は恐らく世界最初のテーマパークではないかと思われますが、その殷賑の様を聞くにつけそれが時代の要請だったとすれば現代との奇妙な符合ですね。7.29

★ 捻じ伏せたように始まった北京五輪ですが、今迄のところ日本選手は軒並み反省と悔恨の涙の連続で丁度いい塩梅です。前回の冬季五輪がイナバウアーでたった一つの金メダルだったのが我々の身の丈です。これからは少しは金もとれるでしょうが、失意の選手の悲嘆まで商売のネタにするマスコミが選手の実力発揮を潰していないでしょうか。国内では無敵の帝王と言われても世界には全く通用しないのはゴルフばかりではないでしょう。やっぱり日本人には甲子園が天上です。その甲子園でさえ今日の鹿実と宮崎商の試合の開始冒頭で宮崎商一番バッター川上が当たってもいないボールに大声で死球を主審にアピールして抜けぬけと出塁した得たり顔に大人の責任を感じたのは私だけでしょうか。監督がそういう指導をしている可能性もありますが、最大原因は両親の教育放棄でしょう。これでは吉兆ホリエモンの世界ですね、少し前の丸子実の隠し球アウトを思い出します。何も悪い事はしておりません、気がつかない相手が悪いのです…と言うことでしたが…。8.10

★ 松井秀喜が画面に現れなくなってからMLBを全く観なくなりました。清原が飛びついた背番号5を星陵高からの入団時にキッパリ断って55を選んだ決志が叶えられることを願っています。ケガ続きの今の姿が身の丈かも知れませんが、彼には華があります。それにしてもニュースの時間を無視して延々と五輪の実況中継を流すNHKの無神経さにはウンザリです。五輪報道には国民の生活のテンポを狂わせる程の価値はありません。8.11

★ お盆の夏休みが終わって今年も沢山の方々にお会いできました。年々新盆見舞いの数が増えていくのは自分の年齢の比例常数だからでしょう。東御市と佐久市が記名焼香だけになったのは汗だくの道中での涼風でした。今日は室伏が負けて女子マラソンがご承知の惨状で、本来は国費すなわち税金を使っている以上は自己責任である筈のケガや故障まで美談に仕立て上げるマスコミの姿勢では口パクと五十歩百歩のいい勝負です。野球もバレーも続け々々の惨敗ですが、次回開催国の英国が本日時点で日本と拮抗するメダル数で「地味に参加している」のが頼もしく見えます。英国内では五輪がどんな風に報道されているのかを知りたいところです。8.17

★ 今朝夜明けに突然涼しくなりました。今夏は熱帯夜めいた日が三日ほどでしたでしょうか、皆さんが軽井沢へ殺到する理由がわかります。蝉も蛙も少ない夏が終わってさて秋の蜻蛉はどうでしょうか。北京五輪の唯一の関心は中国政府がある程度ですが天候制御に成功したふしがあることです。但し使用した薬剤(ヨウ化銀と推定される…)の環境影響は無視された模様ですし、同じように人心も薬さえ撒けば何とでもなると勘違いされると恐いですね。上海株が下がり始め日本ではジリジリと円安です、愈々マケイン登場の幕でしょうか。硝煙の臭いもして来ました。8.18

★ 冬眠する動物が戸惑うような急な寒さの土曜日でしたが恒例の会社オープンデーをやりました。本来は社員の慰安を兼ねた暑気払いが大目的だったのですが時代の変遷と共に事業所の社会公共性の切り口が加味されて隣近所の皆さんやら退職した社員に加え現社員の家族や友人まで参加するようになって賑やかなものになりました。折から4台捨てて3台入いれた成型機の設置も終わったところでEPS(発泡スチロール)の生産現場を初めて見た方もおられました。8.23

posted by Komco  2008.09.01



   

2008.8.5・・・桑原邦夫
★ さるお方の告別式に出席させて頂きました。東信の狭い地域で小中学校の校長を歴任された享年94歳の先達ですが、在任中にお百姓さんの一年間の農作業を型に取り込んだ徒手体操を発案されたと紹介がありました。想像しただけでも微笑ましく教育効果大と予測できる発想ですがこれを無視した日教組長野や当時の信濃教育会は正しかったのでしょうか。私と中高で席を並べた沢山の仲間が信大経由で教員に雪崩込み、とうに全員がリタイアで安穏の毎日を送っていますが…。6.11

★ ビルマ・四川・岩手宮城・青森竜巻と一本の糸を手繰るような自然災害の連関ですが次は何処で何でしょうか。岩手宮城では予想外の広汎な山塊崩落で長男が大崎市に出向滞在中のことでもあり肝を冷やしました。同じ予測困難でもヒトの脳みそ故障よりは自然の混乱の方がやや法則性ありと感じています。北京五輪は「赤」をテーマに盛り上げるそうですがチベット弾圧や四川地震で流された血が赤かったのも偶然でしょうか。北朝鮮の差し出す助け船に必死にしがみついた福田総理も翌朝の地震で自分のニュース性ゼロ転落までは読めなかったのでしょう。結果支持率22%です。6.16

★ 鳩山法務相が過去最大人数の死刑執行捺印をした由ですが、『〜だろうな』と予測した通りNHKを始め各マスコミが鼻から提灯のように死刑廃止を唱える識者をぶら下げ得意気に言論の自由を謳歌しています。アイデンティティとか信念を喪失させるのが占領地支配の極意であり、その具体的展開に最も都合の良いのが紙に書いただけの民主主義であるのは洋の東西を問わず同じですね。このままでは何を言うのも自由、個人の権利は常に無限大で絶えることのない混乱状態の連続という夢のような隷属地の出現になります。アキバで怪我人を助けようとする人より何とか上手に携帯で写真を撮ろうとするヤジウマの方がはるかに多かったなんて海の向こうから見れば笑いが止まらないでしょう。6.19

★ 上記の青森竜巻の後は北海道で地震、沖縄で震度5、更に宮城沖で2回と滞留気味で行ったり来たりの感じ…となればいよいよその真ん中あたりでドカンでは堪りませんが、10秒位前に出ると報道された地震予報を受信するラジオはどこで手に入るのでしょうか、携帯を使えればかなり有効と思いますが。と言っているうちに今度は岩手で震度6強、昨日は小諸で行き交う車が全車点灯し殆ど止まるような超々スロー運転せざるを得ない集中豪雨に遭いました。雨水も何か透明とは言えず黄ばんで見えました。7.24

★ 年に一回英国又は瑞典から2〜3枚のCDを買うのですが(相手は50歳がらみの庶民オバちゃんです)、昨年まではUS$現ナマ以外は頑として受け取らなかったのが、今年はユーロでなければ受け取らないと返事がきました。次の米国選挙でマケインを大統領にしたところでゴアを泣かせてブッシュにした手品ほどの期待を持っていいのでしょうか。緊張の数年になりそうです、起死回生は望み薄と感じてます。7.25

posted by Komco  2008.08.06



   

2008.6.30・・・桑原邦夫
★ 紀元前3000年〜にエジプトで案出されたヒエログリフ(聖刻文字)なる象形文字体系が今では完全に解読されNHKの教養講座で簡単に習得できる仕組になっているらしいのですが、その現存する石版の中の一文に「ヒトは食べたものの四分の一を自分の身体の糧として使い、残りの四分の三を医者の懐に納めている・・・」という意味の部分があると聞きました。人類は5000年前も今もあまり変わり映えしない生活をしている訳でいずれ自分の眼でしかと読みに行きたいですね。5.23

★ 只今「初孫」という名の紳士との付き合い方を真剣に模索しています。ギャーッと泣いてスーッと寝るのは理解できるのですが、あのニーッという笑いには想定外でお手上げです。これはヒトだけですね。しかも多分全人類共通でしょう。いまUFOのTVを観ていたのですが大昔に宇宙から飛来したエイリアンが人類に均しく教えたであろう? 他の哺乳類との差別化ポイントの一つが時の経過のどこでボタンの掛け違いになって笑わない子に変身するのでしょうか。5.26

★ 会社の中で物流障害の原因になっていたタテ#1300成形機を撤去しました。LNGボイラー導入以来始まったコスト削減作業の一環ですがこんなにみんなの呼吸が楽になるとは予測しませんでした。やはり「空気の空間」は必要なんですね。序でに稼動の悪い成形機2台( 某社の同型機が4台あったのですが新しく入った機械ほど故障が多いという理解しにくい体験の結論として最古参と次古参を残しました。)も搬出しましたがクズ鉄屋さんは行列で順番待ちの繁盛で二昔前なら景況離陸の吉兆でしょう。「吉兆」という言葉が只今はタブー語ですが自分は知っていても相手が気付かなければ知らん顔して得しようとするのはウソをつくより始末が悪いですね。5.30

★ 理解出来ないこと一杯の娑婆ですが、先週上京の折に水曜日の12:30に行きつけの某老舗Mデパートの中の鰻やでお昼を摂りました。入った時には先客二人、偶然の珍事でしょうがその方達が先に出て行ったら私が起つまで私一人の孤独でした。いつもは外の椅子で順番待ちです。/昨年の6.9池袋の無差別殺戮に続いて今年はアキバです。江東区の事件を見てもどうも派遣会社というのは何かと騒ぎの温床になるようです。人間をロボットに見立てると言う基本コンセプトは日本人の感性と合う筈もありませんが。6.10

★ 自宅の庭に青大将が来ました。高卒程度の若蛇ですが実に十年振り位でしょう。犬の小屋を占領して威張っていました。次いで白鼻芯もノソノソと19時頃現れました。愛嬌はあるのですがSARSキャリヤーでもあるらしいので遠隔監視です。どうやら隣が空家になったのが怪しいということになりました。6.28

posted by Komco  2008.07.01



   

2008.5.28・・・桑原邦夫
★ 今の家に住んで65年余になりますが、今年は背丈の低い笹薮が一斉に開花しました。60年に一度とも120年に一回とも言われますが、自宅での私の記憶では二回目の出来事です。何十年か前の開花の時は背の高い竹薮が消滅しました。昨年来、庭の樹木が地高の低い南側から順に枯れ始めており、その一環の出来事です。素人の直感の判断ですが地下水の変化(色が黒ずんできた)が気になっています。時の流れで北側の表通りも南の裏通りも完全舗装され、隣接する東側と西側には夫々2〜30台分程のアスファルト敷き詰めの駐車場ができました。この事と全く無関係ではないでしょう。5.2

★ 別のところでも書きましたが、今年はいつもより工場内の湿度の下がり方が少ない年です。例年2〜3月は20%台が連続し工場内の水撒きに追われる日が続くのですが今年は30%を割り込む日が少ないのが不思議です。何事でもないことを願っています。

★ 今朝の小諸は6℃、浅間山は剣ヶ峰まで降雪という異常で家も会社も暖房してます。ミャンマーのサイクロン、四川省の大地震と天変災害も続いています。四川では阪神地震の30倍のエネルギー解放があった由で内陸奥地でもあり場所によっては7mの断層差と聞き現地はさぞや大変なことと推察しています。両国とも言論統制と軍事力による弾圧の最右翼で本当の事実が伝わってこないところが悲しいです。5.13

★ 中国四川の小学校の崩れた瓦礫の中に埋まる生徒達の佃煮状態でとても正視できない顔、顔、頭、足、足、手の悲しい写真が洩れてきました。勿論A・M・Y・S・Nの五大紙でもNHK・民放TVでもありません。いま8月8日の五輪の開催当否を論ずるのは尚早かもしれませんが、例えば8/8までにもう一度同じ規模の地震があったら・・・、もし四川で更なる二次災害があったら・・・、と仮定すれば答は出ます。人類の歴史上にオリンピック開催を国民の安寧を優先すると言う理由でドタキャンした最初の国家として中国の名前が残されることの重さをとる方が賢明でしょう。それとも10万位の人命は単なる事故の被害もしくは統計誤差の範疇と考えたいのでしょうか。いずれにしても中国政府の対応が徐々に確実に本来の「中国風味」に戻りつつある今ではチャンスはもう少ないと思います。5.17


posted by Komco  2008.05.28



   

2008.4.30・・・桑原邦夫
★ 佐久商工会議所の樫山会頭さんが「福田*小沢の複合不況」という表現で喝破されておりましたが都合の悪いことはソノママ放任プラス肝心かなめはナレアイ無策という阿吽の二重奏では政治そのものの不信任者がどんどん増えますね。このところアチコチの取引先から転退任のご挨拶状を頂きますが全くの想定外人事が陸続としており無策政治が民事にも影を落としているかの風情です。ここでまた海の向こうからの年次要望書によるご指導待ちの半年なのでしょうか、その前に解散ですね。4.5

★ 私事で恐縮ですが、孫なる生物に初めてナマで会いました。赤くて皺くちゃでギャーと泣いたかと思うともう寝てるという、母親/父親を24時間酷使する自己主張の塊みたいなものですが何とも言えず嬉しいものですね。覗き込む顔夫々がみんな自分に似ていると思い込んでいるらしいのが微笑ましく、30年ほど前に自分の子供を初めて手にしたときに「ああ、これで権利より責任が大きくなった・・・」と思ったのが昨日のようです。今度はマゴマゴしてはいられません。4.7

★ 少々思うところあって池田潔さんの「自由と規律」を再読しました。丁度50年振りです。未だ紅顔但し白髪で矍鑠とされていた教授の温顔が昨日のようであり、また50年経ったら再々読してくれるように次世代に伝えておこうと思います。4.8

★ 世界中で水色の一色同順の軍団に警護された聖火が北京五輪を目指して走っていますが本来スポーツに感じる爽やかさ明朗さを全く感じないのは不思議です。あれだけの対外摩擦を予測出来て対応準備する位なら、水色に塗った軍用機で一気に運んだ方が民衆の不快感が少ない分だけ中国としては得策だったでしょうが。4.8

★ 善光寺が聖火リレーの出発点を辞退した快事が深刻そうに(実は面白可笑しく)マスコミでオモチャにされていますが、本当の「快挙」の意味がその聖火リレーに合わせてチベットでの今回の中国による弾圧犠牲者の追悼法要を本堂で執り行うと言うところにあるのですが、何か裏で申し合わせがあったとしか思えない程偏向的にそれが報道されないのはどうしてなのでしょうか。愚民操作は俺に任せろとばかりのマスコミの夜郎自大意識過剰の反映でしょうが、それでも毎日新聞は頑張っていますね。4.20 

posted by Komco  2008.04.30



   

2008.3.25・・・桑原邦夫
★ 往古の人々のフットワークの良さと情報伝播の正確さ及び速さには何度か驚かされていますが、江戸中期〜末期にかけての小諸・上田・松代によるトライアングルのほぼ中央に位置する真田地籍横尾の北沢家文庫蔵文書目録を見せて頂く機会に恵まれ、またまたその想いを新にしました。目録は安政三年九月に1179巻が記録されており、その論語・春秋の四書五経に始まり平家物語・徒然草の文芸作品に至り連綿と連なる膨大な蔵書内容にも圧倒されますが、私はその収蔵内容が同じく目録の残存する6年前とかなり大幅に入れ替わっているのが気になりました。6年前とは嘉永六年、黒船来訪の年です。北沢家は為政とは全く関わりの無い市井の酒造家なのですが、この国難とも言える情報がタイムリーに伝達されたらしく急遽古典を中心に勉強し直した形跡が伺えます。そしてその結果親族一統を呼集し作られた賢所名宛の血判書が今でも残っております。「もし一朝事あらんや御国のために全員喜んで身命を投げ出します」と言う決志が信濃の山の中の一隅で自発的に為されておりました。それ程に国と民は天皇を要に心を一つにしていたと言うことで日本民族は本当に凄いですね。しかもその後当主はその蔵書をアッサリ売り払い江戸に上り昌平校学徒30人の一人となり先輩佐久間象山との交流を得ることになった模様です。その蔵書を売った先やその金額の記録もありトレーサビリティも万全で、我々現今の若輩が振り回す品質マニュアルや環境マニュアルも真っ青の態です。3.3

★ 西暦1000年頃には日本では枕草子・源氏物語・土佐日記が既に存在しその後も途切れることなく14C頃には平家物語・徒然草が世に現れ日本に固有な「言語と文字による文化」が衰えることなく幕末・明治維新へ向かうプロセスは西欧に比してかなり特異なものに思えますが如何でしょうか。しかも日本では当初から結構な比率で女性の作家が存在するのも変わってますね。日本の基礎教育レベルで是非解き明かして貰いたい切り口です。3.10
 
★ 1917年、皇室の御下賜金を基に官民の基金を集めて発足した世界に冠たる自然科学のシンクタンクの嚆矢「理研」即ち理化学研究所があったればこそ日本は量子力学の進展に乗り遅れることなく湯川・朝永〜小柴と続くノーベル賞受賞者を次々に輩出できたと私は思っていますが、これが社会科学や人文科学の分野にもあっタラレバ・・・という想いは、寡聞にして知らずの域なのでしょうか。3.19

★ 幕張メッセで「恐竜大陸」展が始まりそこにオビラプトルが出ていると千葉県知事が知らせて来ました。オビラプトルとは卵を温めている姿のまま化石になった恐竜です。これを野生動物の本能をもってしても避け得なかった激急な天変地異があったと読み解くか、母性本能の発露と理解するかは難問ですが多分後者でしょう。いずれは殺して食べる目的で牛や豚を肥育させる民族が捕鯨反対の船を繰り出しそれに迎合するマスコミが提灯を点けるという繰返しは毎度のことながら理解に苦しみます。3.24

posted by Komco  2008.03.25



   

2008.2.21・・・桑原邦夫
★ 60歳になってから突如発心してニュージーランドの最高学府に進学された方と同席する機会がありました。初めての大学生ライフに毎日11〜12時間の勉強で対応された由で目出度く首席で卒業されたと伺い、また今後は人文科学系で学位を目指すと聞かされ哺乳類4600種の中のヒト( = 意志をもって努力を重ねられる動物;ホモサピエンス )を改めて再認識しました。それを支えた奥様にも乾杯!!。1.29

★ 歯医者さんの卓話を聞いておりましたら口腔の話の中に地球上のげっ歯類は2000〜3000種類をカウントすると言うくだりがあり、そうなるとげっ歯類だけで哺乳類の過半数を占めることになり、このことが何を意味するのかは今の私には不明です。2.1

★ 私達の祖先が初めて手にした金属器に目を見張っていたであろう弥生の末期には、もう既に敵対する者を最後の一人まで殲滅し収奪するか奴隷として利用し尽くすノウハウの蓄積を始めていた人種が相手では我々日本人が抗う術を持ちようが無いのは当然ですが、大正年間に既に日本の国土と国民を精細に分析してその社会科学的な破綻を予見し日本が戦争せざるを得ない状況に追い込んだ頭脳の緻密さには驚かされます。が、参謀本部絶対の環境下でその彼岸の野心を見破り日本民族をフェニキア人にしなかった昭和天皇とそれを上奏したであろうK氏の叡智にはそれを遥かに超えた畏敬を感じます。もう完全に神の域ですね。ただその優れた海の向こうの頭脳が最近では「日本は現在の人口を25%に減らせば国家の態を成すかもしれない」などとうそぶいている由で、属領?の住人としてはさてどうしましょうか。自分の子供の子供の子供達のことを・・・です。2.4

★ 私の家で今でも使っている土蔵は嘉永六年、即ち1853年黒船来訪の年に建てられたものですが、このペルリによる強圧的な開国要請がもう既に前述の大きな枠組みの端緒として始まったとは思いたくないのですが、その後の日本国が国民皆兵・国民皆税でまっしぐらに富国強兵に走り(=らされ)遂には国土の広さが扶養し得る四倍もの人口を抱えてしまった結果をみると何か一抹の疑念の生ずるのも止むを得ません。いずれにしてもこれを冷徹な目で観察分析し利用しようとしている国外勢力が存在することだけは間違いありません。滅多なことには血は消せないのです。2.7

posted by Komco  2008.02.21



   

2008.1.31・・・桑原邦夫
★ 例年通り八幡社の初詣のお手伝いを大晦日の23時から元旦3時までさせて頂きました。雪の舞う欅の森の暗闇に焚き火が映え中々の風情でしたが、前年より参拝者は遥かに減ったと言う感触です。でも一方では用意した御神札の捌け方が早くなり、破魔矢やお守りは数が足りなくなりました。もう三昔も前の紫色の百円札を毎年丁寧に祝儀袋に入れて初穂としてお持ち下さる方は今年も変わらずお越しになりました。1.1

★ 新春恒例の箱根駅伝で途中棄権が3校(順天、大東、東海)も出たり体調を崩して記録の伸びない選手や交代による補欠抜擢が例年より多いなと感じておりましたが、当社の今日の始業日にもやはり体調不良のため出勤出来ない仲間が数名いました。普段は寧ろ頑健が売りの社員ばかりで何か暖冬やfluばかりでない異変でないことを願います。1.4

★ 年始挨拶回りの途中で11時頃巣鴨の刺抜き地蔵さんにお参りしましたが、ざっと見て1時間以上待ちの行列でお地蔵さんの参拝は別の日に変更せざるを得ませんでした。8割方は中高年の♀でこの人気の秘密は一体何なのでしょうか。勿論門前商店街も♂の出る幕はありませんでした。後になって若者の集まる原宿に擬えて巣鴨ババ宿と言うんだとは聞きましたが・・・。1.9

★ 環境ISOの凋落と当社としてのea21への離脱は既に何度かお伝えしましたが、どうやら品質ISOも転換点を迎えたようです。94年以来右肩上がりで増え続けた認証登録が06年の43564社をピークに2007年末では739社の純減と報告されました。この間も新規参入がない訳ではないので少なく共1500社位がこの一年で認証を廃棄したと推測されます。この現実の原因の殆ど全ては審査会社側にあります。ここ数年来何かと言いがかりをつけては審査対象範囲を増やそうとしたり、一人で済む仕事に三人で押しかけたり・・・と小手先の増収増益作戦で目先を誤魔化してきた付けが表面化しただけのことです。クライアントの要求に応答する『審査の質』に早く目覚めて欲しいと思います。1.12

★ 高校サッカーの頂点を決める流通柏と藤枝東の試合は門外漢でも思わず観戦し続けてしまう程の内容がありました。赤いユニフォームの流通柏が最後の呼笛までピッチを全力で走り切る身体能力の高さは今迄満たされたことの無い対外試合の度に痛感させられる日本人の基礎体力不足を一蹴してくれました。1.14

posted by Komco  2008.01.17



   

2008.1.4・・・桑原邦夫
★役所、事業所の忘年会離れで師走らしからぬ妙に静かな巷にそれでも少しづつX'masめいた風が吹き始めました。当社も軽井沢の白樺堂さんの依頼があり観光名所の聖パウロ教会を模した1m程の洋菓子台を納入しました[写真参照]。これにどんなケーキが乗るのか想像すると子供時代の夢「お菓子の家」になります。12.14

★今年は身辺で健康面の頓挫をする方が続きましたが、その中のお一人で10m程の高さから落ちてコンクリート床に頭をぶつけた方がどうにか歩けるようになったと挨拶にお越しになりました。頭蓋骨の内側で往復打撲し腫張した脳を助けるために頭蓋骨を暫く外して冷凍保管しておいてまた被せた由ですが、その間に少し骨が縮んでスッキリしたと笑いとばしている陽気さが印象的でした。骨も生きているんですね。いづれにしても九死に一生の嬉しい話題です。12.16

★年末になると例年通り神様関連の下請け仕事が廻ってきますが、今年からお伊勢さまの式年遷宮の寄付金が加わりました。町内の各戸をお訪ねしますとお伊勢参りをしたことのない方がいるのはとも角として遷宮のシキタリそのものすら知らないお家もあり、学校で先生は歴史の授業で何をしているのかなと訝しく思います。集団自決だ南京大虐殺だと騒ぎ立てる以前に日本人の心と知恵の伝承や習俗を説いて貰いたい・・・は要求する方が無理とも思いますが・・・?。私の友人も数多く教員になりましたが、全員とうの昔に定年退職になり忸怩たるものゼロで安穏な余生を送っています。12.21

★社員旅行で東京に行きました。今回で恐らく十回を超えている行き先ですが、テーマを「食の買出し」に絞ったのは初めてです。途中巣鴨の刺抜き地蔵にお参りしましたが門前通りにビッシリ並んだ衣料及び食品の小売店群には圧倒されると同時に教えられることが多々ありました。まず値段が絶対的に廉い。これでは安売りで鳴らす『しまむら』でも出店不可能でしょう。次に人数がやや多い目に感じる程の売り子が実にやる気満々でしかも「買って下さい」と言う意志を明快に伝えてくるので厭々買うという感じがしない。三つ目はそんな中でもセブンとファミMとで二つのコンビニが百米程離れてありましたが若い人が結構入っていて意外でした。多分若い方々はここでやっとホッとするのだろうと思います。その後はアメ横・築地市場・カッパ橋と回りましたが夫々の場所で「本気」の勉強の一泊二日でした。12.25



posted by Komco  2008.01.04



   

2007.11.30・・・桑原邦夫
★我社も娑婆の底辺で地球温暖化ガスの低減に向けての努力を進めています。これは昨年当社の主要エネルギー源であるボイラーを重油焚きからLNGに転換したことが契機でコストが明確に見え始めたのが発端ですが、今迄に実施したこととこれからの展望を現時点でご紹介します。?会社中に38個あるトラップを社外のプロに点検して貰い調整可能なものはその場で直して貰いました。?稼動率の悪い成形機を1台殺しました。移動撤去はこれからです。?分配管通過時で6キロあった蒸気元圧を5キロに落としました。?水蒸気エネルギーを分配する幹配管を成形機系と乾燥室系で分離し(今迄は一緒でした)乾燥系は元圧を1.7キロから1キロに落としました。?全部で19台の内無駄なラジエター8台を殺すと同時に地球を暖めていた無駄な配管40mを撤去し必要な最短距離配管15mを完全保温で新設しました。以降は来週からですが?修理不能なトラップ5個を新品に替えます。?低稼動成形機をもう1台殺します。?来年には蒸気の最終到達点である金型の漏気対策をスタートします。蒸気が一段落すれば次はエアーと電気です。11.10

★佐久市内山のアルミ真空蒸着加工の事業部門を閉鎖させて頂きました。閉めたと言っても沢山のお客様に永年に亘りお引き立てを頂いた経緯もあり、一挙にゼロには成し難い部分があり暫時は尾を引くやに思われますが、経営資源の集中(特に有為の人材の・・・)のために苦しい判断をしました。結果は必ず吉と出します。11.12

★遂に重油焚きボイラーと完全訣別です。操業上の安全をみて保存していた2tボイラーをいま撤去しています。当社の竃として40年近く君臨した神様ですから一抹の悲哀を感じますが時の移ろいの中でご用ご免になりました。温暖快晴の11.17

★11/27、28の両日品質ISO9001の定期更新審査を受けます。ISOの権威が揺れ動いている昨今では環境ISOばかりではなく品質ISOの認証すら捨てる方が身近に出ている現状ですが、審査機関サイドがどれだけ時流に乗ってくるか期待するところ大です。11.20

posted by Komco  2007.12.03



 
bar
  [2006年々度目標2-(1)]
弊社は使用済み発泡スチロールを一粒・一片たりとも産廃として排出せずに
全て有用再資源化するリサイクルのリーディングカンパニーであり続けます。
 
bar

☆ 発泡スチロールの119番、0267-22-3050は24時間対応です ☆
株式会社 小諸プラスチック  長野県小諸市六供2-6-9  TEL 0267-22-3050